January 17, 2020 / 3:00 AM / a month ago

MLB=メッツ、ベルトラン監督が退任 就任からわずか3カ月

 MLBメッツのカルロス・ベルトラン監督が16日、元所属球団であるアストロズのサイン盗み問題を受けて、昨年11月に就任したばかりのメッツ指揮官の座から退任した。米カリフォルニア州サンディエゴで2019年12月撮影(2020年 ロイター/Orlando Ramirez-USA TODAY Sport)

[16日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)、メッツのカルロス・ベルトラン監督が16日、元所属球団であるアストロズのサイン盗み問題を受けて、昨年11月に就任したばかりのメッツ指揮官の座から退任した。

アストロズには、ワールドシリーズ優勝を果たした2017年シーズンに相手チームの捕手からサインを盗んだとの疑惑がかかっており、ベルトラン氏は唯一、当時現役だった同シーズン中にサイン盗みを主導した選手として、MLBの調査報告で名前が挙がっていた。

メッツとベルトラン氏は、双方の合意により退任を決めたと発表。球団側は声明で「簡単な決断ではなかった。状況を考慮し、カルロスがメッツの指揮官として先に進むことは誰の得策にもならないことは明確」と述べ、ベルトラン氏は「自分がチームの障害になるわけにはいかなかった。球団全体の成功を願う」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below