January 5, 2019 / 2:54 AM / 3 months ago

MLB=レイズが本拠地改修計画を発表、席数を大幅減

 1月4日、MLBレイズは、本拠地トロピカーナ・フィールドの改修計画を発表し、来季からは席数を大幅に減らすことになった。米フロリダ州セントピーターズバーグで2017年8月撮影(2019年 ロイター/Kim Klement-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)レイズは4日、本拠地トロピカーナ・フィールドの改修計画を発表した。席数を大幅に減らし、来季からは2万5000─6000席程度とすることになった。

計画によるとアッパーデッキを閉鎖し、プレミアムシートを新たに設置するという。同球場の席数はこれまでもMLB最少だったが、改修後はMLB平均を約1万席下回ることになるという。

昨季の同球場での平均観客動員は1万4258人で、マーリンズ本拠地の1万13人に次いで少ない。

なおMLBで同球場の次に収容人員が少ないのはインディアンスの本拠地プログレッシブ・フィールドで、約3万5000席。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below