March 6, 2020 / 2:39 AM / a month ago

MLB=Rソックスのエース、セールが左肘に違和感

 米大リーグ(MLB)レッドソックスは5日、エース左腕クリス・セール投手が左肘に違和感を覚え、1週間の経過観察となったことを明かした。米オハイオ州クリーブランドで2019年8月撮影(2020年 ロイター/David Richard-USA TODAY Sports)

[5日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)レッドソックスは5日、エース左腕クリス・セール投手が左肘に違和感を覚え、1週間の経過観察となったことを明かした。

セールは昨年8月に左肘の炎症で負傷者リスト(IL)入りとなり、昨季残り6週間を欠場。冬のオフ期間は新シーズンに向けてリハビリに励んでいた。

セールはレッドソックスの公式ウェブサイトで「ここに座り、このような情報を提供したくないのは確かだ。しかし、自分にとっても、チームにとっても、球団にとっても厳しい状況だ」と苦しい心境を口にした。

肘の状態は不透明だが、セールは問題があればトミー・ジョン手術(靱帯再建手術)の可能性も覚悟しているとし、「2、3週間で決める。厳しい状況だ。私は自分の知っている全てを伝えている」と話した。

セールは約1年前にレッドソックスと5年総額1億4500万ドル(約154億円)で契約を延長したばかり。キャリアを通じてレッドソックスで圧倒的なパフォーマンスを見せていたが、契約延長後の2019年シーズンは肘の炎症を起こす前から過去最悪の内容だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below