for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MLB=元ヤンキース投手サバシア氏、家族で人種差別抗議に参加

 MLBのヤンキースなどで活躍したCC・サバシア氏(写真)が、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官による暴行で死亡した事件を巡る抗議運動に家族で参加したことを明かした。米マサチューセッツ州ボストンで2013年9月撮影(2020年 ロイター/Dominick Reuter)

[7日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)のヤンキースなどで活躍したCC・サバシア氏が、黒人男性ジョージ・フロイドさんの暴行死事件を巡る抗議運動に家族で参加したことを明かした。

フロイドさんが先月25日、白人警官らに逮捕される際、膝で首を地面に押し付けられて死亡した事件を受け、米国全土で人種差別に対する抗議運動が広がっている。

サバシア氏はポッドキャスト番組で、ニューヨーク市ブルックリンで行われた抗議運動に参加したとし、「私には16歳、14歳、11歳、9歳の子どもがいる。9歳の子は、何が起きているのか、自分の肌の色が原因で殺される可能性、今、米国で起こっている全てのことに非常に興味を持っている」とコメント。

また、「ジョージ・フロイドの事件後、私たちは子どもたちと一緒に外に出て、彼らに今起きている全てのことについて教育することが義務だと感じた」とも語り、「ソーシャルメディアで投稿するだけではなく、実際に外に出る。私が自分の息子や娘と抗議に参加することで、彼らの子どもたちが同じことをしなくていいようになることを願う」と続けた。

サバシア氏はメジャー19シーズンでインディアンス、ブルワーズ、ヤンキースでプレーし、昨年に現役を引退した。オールスターには6回選ばれ、2007年サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を受賞。ヤンキースで09年ワールドシリーズ(WS)制覇も果たした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up