July 8, 2019 / 9:03 AM / 9 days ago

三菱自、東南アジア配車大手ゴジェックと提携 三菱商事と出資

 7月8日、三菱自動車は、東南アジア地域で事業展開する配車サービス大手ゴジェック(GOJEK、本社:インドネシア)と提携すると発表した。写真はシンガポールで昨年11月撮影(2019年 ロイター/Anshuman Daga)

[東京 8日 ロイター] - 三菱自動車(7211.T)は8日、東南アジア地域で事業展開する配車サービス大手ゴジェック(GOJEK、本社:インドネシア)と提携すると発表した。三菱商事(8058.T)と共同で出資する。出資額は非公表だが、両社合わせてゴジェックの発行済株式の数%を取得したとみられる。三菱商事は2月にも出資しており、今回は追加出資となる。

三菱自はゴジェックのデジタル・プラットフォームを活用し、強みとする東南アジア地域で新たなモビリティサービスを検討する。三菱自が配車サービス会社と提携するのはこれが初。ゴジェックも自動車メーカーからの出資は三菱自が初めて。

ゴジェックはスマートフォンを使ったバイク・車の配車サービスのほか、宅配サービスや電子マネー事業などを手掛ける。東南アジア地域における配車サービス最大手グラブ(本社:シンガポール)と並ぶ2強の一角で、三菱自や三菱商事と組んで新たなサービス開発を進め、事業を拡大する考えだ。

一方、三菱自・三菱商事による共同プロジェクトとは別に、同日には三菱UFJリース(8593.T)も単独でゴジェックへの出資を発表している。三菱UFJリースの出資額も非公表だが、同社を合わせた三菱グループ3社の出資比率は10%未満にとどまるもようだ。

ゴジェックは2010年の設立で、インドネシアを代表するユニコーン企業(評価額10億ドル超の未上場企業)で、急成長している。インドネシアでは登録ドライバー、ユーザー数とも最大シェアを誇る。ベトナム、シンガポールなど東南アジアの50都市以上で展開している。

ゴジェックと競合するグラブはすでにトヨタ自動車(7203.T)、韓国の現代自動車(005380.KS)、ホンダ(7267.T)、ヤマハ発動機(7272.T)などから出資を受けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below