October 28, 2015 / 4:27 AM / 2 years ago

近代美術の作品を清掃員が「ごみ処分」、伊博物館が慌てて回収

[ローマ 27日 ロイター] - イタリア北部ボルツァーノの美術館で、シャンパンの空瓶や使い終わったクラッカーなどを使った芸術作品を展示したところ、清掃員が展示品をごみと間違えて処分する出来事があった。

この美術展は「今夜はどこにダンスに行こうか」と題され、1980年代の消費主義や金融投機、マスメディア、パーティーなどの雰囲気を想起させるコンセプトで開かれていた。

作品は先週末に清掃員が誤って展示品を処分、その後間違いに気付いた従業員らが急きょごみ袋から回収し、展示は3日後の27日から再開された。

博物館の館長は、この出来事は近代美術の話題を盛り上げたと評価。一方、この作品の制作者2人は地元紙に「ひどい出来事だ。展示品がごみ箱に処分されるなどあり得ない」と憤った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below