March 28, 2019 / 2:41 AM / 3 months ago

モネに日野・ホンダが参加、社長「さらに声かける」

 3月28日、ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社モネ・テクノロジーズは、日野自動車とホンダが同社に資本参加すると発表した。会見するモネ・テクノロジーズの宮川潤一社長兼CEO(左)とトヨタ自動車の豊田章男社長(右)(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - ソフトバンク(9434.T)とトヨタ自動車(7203.T)の共同出資会社モネ・テクノロジーズは28日、日野自動車(7205.T)とホンダ(7267.T)が同社に資本参加すると発表した。日野のトラックやバスから得られるデータとホンダの乗用車などから得られるデータを連携することで、次世代の移動サービス「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」のプラットフォームの発展を目指す。

モネ・テクノロジーズの宮川潤一社長兼CEO(最高経営責任者)は都内で開いたイベントで「複数の自動車メーカーと共創していくことでモネのプラットフォームはより賢くなる」と説明。「データが多ければ多いほど安全性と効率性は飛躍的に向上する」として「さらに声をかけていきたい」と他メーカーにも参加を呼びかけた。

日野とホンダはモネにそれぞれ2億4995万円出資する。5月末の出資完了を予定しており、これにより出資比率はソフトバンクが40.202%、トヨタが39.802%、日野とホンダがそれぞれ9.998%となる。

企業間の連携を推進する「モネ・コンソーシアム」も設立した。28日時点でコカ・コーラ ボトラーズジャパンやサントリーホールディングス、東日本旅客鉄道(9020.T)など88社が参加。自動運転車を利用したモビリティーサービスの企画や他社サービスとのデータ連携などを行っていく。

自動運転技術を巡っては、ソフトバンクも傘下のSBドライブで開発を進めているが、モネの宮川社長(ソフトバンク副社長)は「SBドライブの英知はすべてモネに集約する方向感にある」と語った。

*内容を追加しました。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below