December 12, 2017 / 6:31 AM / 7 months ago

コラム:次の破壊者を追え、イノベーションETFが市場を席巻

[ニューヨーク 5日 ロイター] - アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は小売りを、エアビーアンドビーはホテルを、そしてウーバーはタクシー業界をそれぞれ破壊してきた。次の「破壊者」を追って、ますます多くの上場投資信託(ETF)が血まなこになっている。

 12月5日、アマゾン・ドット・コムは小売りを、エアビーアンドビーはホテルを、そしてウーバーはタクシー業界をそれぞれ破壊してきた。次はどこが破壊されるのか──。写真はサンパウロで2004年撮影(2017年 ロイター/Paulo Whitaker)

こうしたETFは、守勢に回っている既存企業に投資するのではなく、これまで当たり前だったビジネス手法を揺るがしている企業の株式を大量購入している。

これまで、破壊的イノベーション企業への早期投資によって得られる利益の大半は、ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティ(PE)ファンドが手中に収めてきた。

だが今、iシェアーズ「エクスポネンシャル・テクノロジーズ(XT.O)」、ARKインベストの「ARKイノベーション(ARKK.P)」やKnowledge Leaders Developed World(KLDW.P)といったETFが、最先端のイノベーション向けの株式投資を提供しつつある。とはいえ、比較的低コストのETFという枠組みのなかでの話だ。

イノベーションという投資テーマは、まさにこの時代にふさわしい。たとえば、スマートフォン1台にどれだけ多くの機能が収められているか、10年前の状況と比較して考えてみよう。実際のところ、フェイスブック(FB.O)など米国の最大手企業の多くが存在することさえ不可能だったのは、それほど昔ではない。

「19世紀後半以来、これほど多くの革新的なプラットフォームが登場してきたことはない」とARKインベストのトム・シュタウト最高業務責任者(COO)は語る。

「当時で言えば、それは内燃機関や電話、電気だった。最近では、DNAの解読、ロボット光学、人工知能、バッテリーやブロックチェーンといった分野で大きな変化が進められている」

こうした投資戦略におけるリスクや長期的な有効性について疑問を呈することは可能だが、最近の実績は圧倒的だ。

今年、ARKインベストが提供するETFは、ETF市場全体のなかでランキング上位にある限られた非レバレッジ商品グループに常に加わっていた。ファンドの運用実績を追跡調査するモーニングスターのデータによれば、2014年から2017年12月1日までのARKイノベーションETF(ARKK)の年間利回りは23.6%である。2017年の年初来の利回りは、実に86.5%と驚異的だ。

その中身を点検すると、なぜこのファンドがこれほど優れた実績を上げられるか、その理由が分かる。

保有株式の上位には、米電気自動車大手のテスラやアマゾン、ビットコイン・インベストメント・トラストといった、それぞれの業界に波乱を引き起こす著名企業が並んでいる。ビットコイン・インベストメント・トラストは、同ポートフォリオのほぼ7%を占めるに至っている。

ARK商品の大半では、ETFの世界では比較的珍しいことに、積極的な運用が行われており、手数料を押し上げている。たとえばARKKは、消極的運用の大半の競合商品よりも高い0.75%という経費率のもとで好パフォーマンスを達成している。

ARKインベストの現在の運用資産は27億ドルで、5種類のETFを市場に提供している。ちょうど今月、新たなETF「イスラエル・イノベーティブ・テクノロジーズ(IZRL.Z)」が発売された。テクノロジー開発が盛んな新興市場というイスラエルの立ち位置に着目したファンドだ。

<研究開発への投資>

Slideshow (4 Images)

だが角度を変えると、まったく異なるポートフォリオも見えてくる。

たとえばKnowledge Leaders Developed Worldを例にとると、このETFの中心的なテーマは、研究開発に巨額の投資をしている企業は、いずれは市場全体を大きく上回る業績をあげる、というものだ。

だが一方でこのETFは、画期的なテクノロジーを生み出す企業だけでなく、それを利用する企業や、収益性の確かな実績を持つ企業にも目を配っている。

最終的にこのファンドのポートフォリオは、均等に重み付けされた数百社に少しずつ投資するものになっており、その多くは、一般向けの生活必需品や食品・飲料、化学・工作機械といった、破壊的イノベーションとはおよそ縁が無さそうなセクターから選ばれている。

Knowledge Leadersのスティーブ・バネッリ最高経営責任者(CEO)は、「イノベーションは、たいていの人が理解しているよりも、はるかに多彩な形でわれわれの日常生活にかかわっている」と語る。

独自のアプローチは他にもある。同ファンドは、研究開発投資が活発な企業を世界中に求めているため、バネッリCEOに言わせれば「投資がどの国に向かうかは分からない」というのだ。

このETFは日本株にも多額の投資をしており、保有株式の3分の1以上が日本企業となっている。ファンドの年初来の利回りは26.3%で、S&P500種指数を6パーセンテージ・ポイントも上回っている。

これは単にイノベーションという投資テーマに乗ったニッチ志向のマネーマネジャーというレベルの話ではない。

ブラックロックが運用するiシェアーズ「エクスポネンシャル・テクノロジーズ」の資産は今や15億ドルを超えている。このファンドの誕生は、エデルマン・フィナンシャルのマネーマネジャー、リック・エデルマン氏に着想を得ている。エデルマン氏は、クライアントのために、次世代テクノロジーに特化したETFを求めていたのである。

「エクスポネンシャル・テクノロジーズ」が保有する銘柄の多くは、米マイクロン・テクノロジーズ(MU.O)や中国インターネット大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングズ)(0700.HK)などのIT企業だ。ポートフォリオの6割以上は米国を拠点とする企業で、モーニングスター・エクスポネンシャル・テクノロジーズ指数を追尾している。

このETFのこの1年間の利回りは実に37.8%であり、2015年の発足以来の年間平均利回りは14%となっている。

ただし、投資家に警告しておくべきことがある。こうしたおいしい利回りだけを追いかけて、破壊的イノベーションに入れ込みすぎてはならない、ということだ。

「こうしたニッチな、あるいは非伝統的な資産クラスに投資する場合は、どれだけ資金があるのか、何のために資金を貯めているのか、どこまで損失に耐えられるのか、とても慎重でなければならない」とロンドンに本拠を置くコンサルタント企業ETFGIのマネージング・ディレクター、デボラ・ファー氏は語る。

「投資商品としてはリスクが高めだ。万人向けとは絶対言えない」

(翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below