May 19, 2019 / 12:03 AM / 4 months ago

コラム:退職後に「うつ」の落とし穴、人生設計に狂いも

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 退職後の蓄えは、利率の変動や市場のボラティリティーなどの金融リスクによって打撃を受ける恐れがあるが、それ以外に「うつ」という要素にもそれらと同じような危険性がある。

 5月14日、退職後の蓄えは、利率の変動や市場のボラティリティーなどの金融リスクによって打撃を受ける恐れがあるが、それ以外に「うつ」という要素にもそれらと同じような危険性がある。写真は2017年8月、英ワーシングで撮影(2019年 ロイター/Russell Boyce)

資産運用のアドバイスを行うカーソングループのディレクター、ジェイミー・ホプキンス氏は、気持ちの準備ができていないと、引退に向けての移行を考えるだけで情緒不安定になる人もいると語る。

「よく見るのは定年を迎えた夫婦が浜辺でゆっくりしている、とても幸せそうな写真だ」と、ホプキンス氏は話す。

その一方で、意義のある仕事から突然切り離され、孤独を感じる人もおり、「一部の人たちは、一体何をすればいいのかわからない」のだと言う。

健康の衰えなどの要因で、生活が限定され気持ちが滅入ることもある。また、介護者はその対象者である夫や妻に先立たれることも多く、面倒を見てくれる人がいなければうつになる危険性が高い。

夫と死別した人たちのためのファイナンシャル・プランナーとして活動し、資産管理のガイド本を出版しているキャスリーン・レール氏は、「多くの女性が、『ゼリー脳』と表現する」状態に陥ると語る。「考えがまとまらず、通常機能の一部が働かなくなる」という。

<うつ病による経済的な影響>

うつ病は深刻かつ長期にわたる経済的影響を与えるため、退職プランを検討する際には必ずメンタルヘルスも考慮に入れる必要がある。

米アリゾナ州テンピのファイナンシャル・プランナー、ニール・バン・ザッペン氏は、「ポートフォリオと人生の多様化を呼び掛けている」という。同氏のクライアントには、心の穴を埋めるかのように向こう見ずにお金を使ってしまう人もいるという。

医療コストをまず考えてみよう。うつになることで免疫機能が低下し、心臓に負担がかかり、自分自身の面倒を見る能力が限定され、気力がなくなる。

保険会社ジェンワースによる2018年の介護コストの調査によると、在宅医療や介護付き住宅は、米国のほとんどの地域で月4000ドル(約44万円)かかり、介護施設の相部屋は7000ドルを超えることもある。

元コンサルタントで介護保険を販売していたデブラ・ニューマン氏は、「他の出費と比べて驚くべき額になる」と語る。ニューマン氏は最近定年退職したばかりだ。

カーソングループのホプキンス氏は、退職プランを組み立てる際に、クライアントの幸福度と資産を見積もるという。その時に鍵となる質問は、「何に人生の意義を見いだすか」だ。その後同氏はクライアントに、目標に基づいた計画を考えるよう促す。

引退したらクルーズ船で旅をしたり、別宅を購入しようと考えている人は、貯蓄に頼るだけでは不十分だという。

ホプキンス氏によると、就業時間を短くする段階的退職は、新しいライフスタイルに慣れるプロセスとして有効だ。

<詐欺の被害も>

うつ状態にある退職者は、助けを求める人を狙った詐欺の被害にも遭いやすいと専門家らは指摘する。

レール氏のクライアントの1人は、老後の蓄えの多くをイラク通貨に投資し、その全額を失った。夫と死別した女性の多くは、経済に無知であることが原因で被害に遭うという。

レール氏はまた、疑わしい条件のついた複雑な保険商品も退職プランを台無しにする可能性があると語った。

本来は経済について学ぶことが最善の方法だが、深い悲しみの中にあり、うつ病の可能性にある人たちにとって、専門用語だらけの分厚いリポートを読むのは敷居が高い。

レール氏が導き出した答えは、図解だ。同氏は夫を失ったあるクライアントの150万ドルを色別のブロックに分け、相続用、チャリティー用、そして(家族との思い出を作るための)出費などに振り分けた。そして各項目に、本人の目標から導き出された投資戦略をあてはめた。

この女性は毎回ミーティングにこのグラフを持参し、レール氏と共に余生のプランを練ったという。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below