Reuters logo
12月米利上げ観測優勢、雇用統計発表受け=短期金利先物
2016年10月7日 / 15:17 / 1年前

12月米利上げ観測優勢、雇用統計発表受け=短期金利先物

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 9月米雇用統計の発表を受け、7日午前の米短期金利先物市場は、12月利上げ観測が優勢となっている。

 10月7日、9月米雇用統計の発表を受け、短期金利先物市場は12月利上げ観測が優勢となっている。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで9月撮影(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

CMEのフェドウォッチによると、市場が織り込む12月利上げの確率は約65%、前日は63%前後だった。

11月利上げ確率は8.3%、前日時点は14.5%だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below