May 8, 2018 / 2:47 AM / 5 months ago

米モンサント、独バイエルによる買収完了後にグラントCEO退任

[7日 ロイター] - 農薬・種子世界最大手の米モンサントMON.Nは7日、ドイツ製薬・化学大手バイエル(BAYGn.DE)による買収手続き完了後、ヒュー・グラント最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。

 5月7日、農薬・種子世界最大手の米モンサントは、ドイツ製薬・化学大手バイエルによる買収手続き完了後、ヒュー・グラント最高経営責任者(CEO、写真)が退任すると発表した。写真はサンフランシスコで2015年11月撮影(2018年 ロイター/Elijah Nouvelage)

グラント氏は2003年にCEOに就任。新たな機会を模索するために退任を決めたと明らかにした。

モンサントのロバート・フレーリー最高技術責任者(CTO)やPierre Courduroux最高財務責任者(CFO)も退任するという。

バイエルは、今四半期中のモンサント買収完了を目指している。買収が完了すれば、世界の種子・農薬市場の4分の1以上を占める巨大企業が誕生する。

バイエルの農薬部門クロップ・サイエンスのリアム・コンドン代表はモンサント買収後も現職にとどまる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below