Reuters logo
基調判断は維持、消費と企業収益を上方修正=月例経済報告
2017年3月23日 / 09:23 / 8ヶ月前

基調判断は維持、消費と企業収益を上方修正=月例経済報告

[東京 23日 ロイター] - 政府は3月の月例経済報告で、個人消費と企業収益の判断を上方修正したが、全体の基調判断は「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」と据え置いた。

 3月23日、政府は3月の月例経済報告で、個人消費と企業収益の判断を上方修正したが、全体の基調判断は「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」と据え置いた。東京・銀座で2月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

個人消費は前月までの「持ち直しの動きが続いているものの、このところ足踏みが見られる」から、「総じて見れば持ち直しの動きが続いている」に修正。12月に上方修正した後、2月に下方修正したばかりだが、3月は再び上方修正した。

企業収益については、10─12月期法人企業統計で経常利益が前年比、前期比とも伸びており、「改善の動きが見られる」から「改善している」に上方修正となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below