January 23, 2019 / 1:28 AM / 3 months ago

11月毎勤確報、実質賃金が前年比+0.8%と速報+1.1%から下押し データ補正で

 1月23日、厚生労働省が発表した11月の毎月勤労統計調査(確報)は、名目賃金に当たる現金給与総額が前年比1.7%増の28万5196円と、速報値の前年比2.0%増、28万3607円から修正された。写真は都内で2011年1月に撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 23日 ロイター] - 厚生労働省が23日発表した11月の毎月勤労統計調査(確報)は、名目賃金に当たる現金給与総額が前年比1.7%増の28万5196円と、速報値の前年比2.0%増、28万3607円から修正された。増加率は0.3ポイント下押しされ、実額は増加した。実質賃金は速報値の同1.1%増から0.8%増へと修正された。

厚労省は、本来「500人以上規模の事業所」について、全数調査すべきところ、一部抽出調査を行い、統計的処理も2004年から17年まで実施してこなかったと説明。18年11月確報から統計的処理による再集計値に変更しており、従来の公表データと「接続していない」と述べている。

11月確報では、給与総額のうち、所定内給与は前年比1.3%増と速報値の同1.6%から修正された。実額は24万5649円と速報値の24万4981円から増加している。

所定外は同0.6%増と速報値の同1.1%増から修正。実額は2万0688円と速報値の2万0561円から増額されている。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below