April 26, 2018 / 12:17 AM / 3 months ago

ムーディーズ、米国のトリプルA格付け維持 見通し「安定的」

[25日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは25日、米国の格付けを最上位の「AAA」で維持した。米経済の「並外れた」力強さが財政力の低下を補うとの見方を示した。

 4月25日、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、米国の格付けを最上位の「AAA」で維持した。米経済の「並外れた」力強さが財政力の低下を補うとの見方を示した。写真はニューヨーク証券取引所に掲げられた米国。2016年9月に撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

格付け見通しは「安定的」で据え置いた。

米国では昨年末に大型減税が成立。米議会予算局(CBO)は今月9日、予算および経済見通しの年次報告を公表し、共和党主導で成立した大型減税によって今後数年間に財政赤字が急速に拡大するとの見通しを示した。

ムーディーズは、中期的に米連邦政府の財政赤字は拡大すると予想されるが、米国の力強い経済と制度によって財政力の低下は補われると指摘。

「米経済の多様性、ダイナミズム、競争力に加え、重要な国際準備通貨としての米ドルの地位、米国債市場の大きさと深さは、高齢者関連の給付金支出や債務返済額の増加、将来の歳入を減らし、歳出を拡大する最近の政策に伴う財政への圧力の高まりを相殺する」とした。

米国の格付け大手3社のうち、現状で米国に最上位格付けを付与していないのはS&Pのみ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below