Reuters logo
今年と来年のG20成長率、3%強の見通し=ムーディーズ
2017年8月30日 / 04:45 / 3ヶ月後

今年と来年のG20成長率、3%強の見通し=ムーディーズ

[香港 30日 ロイター] - 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、今年と来年の20カ国・地域(G20)の経済成長率について、3%を若干上回るとの見通しを据え置いた。ただ、地政学リスク、米国の保護貿易主義、世界的な金融引き締めの影響、中国のデレバレッジ措置をリスク要因として挙げた。

ムーディーズは、上半期の指標が予想外に力強かったため、今年の中国の成長率見通しを6.6%から6.8%に、韓国を2.5%から2.8%に、日本を1.1%から1.5%にそれぞれ引き上げたと説明。

ユーロ圏に関しても、年内に成長が加速するとの見方を示した。

一方、米国の成長率は今年を2.4%から2.2%に、来年を2.5%から2.3%にそれぞれ下方修正した。上半期が予想より弱かったことに加え、財政刺激策がこれまでの想定よりも小規模になるとの見方が背景。

ムーディーズは「リスクバランスは年初よりも好転している」としながらも、「朝鮮半島、南シナ海、中東での紛争に関連したイベントリスク」に注意を促している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below