July 26, 2018 / 7:12 AM / 22 days ago

27─28日は世界各地で「今世紀最長」の皆既月食、火星も地球に接近

[ロンドン 25日 ロイター] - 27日夜から、世界各地で今世紀最長の皆既月食が見られる。米航空宇宙局(NASA)によると、皆既月食の持続時間は1時間42分57秒、前後の部分月食をあわせると、月食の総時間は3時間54分となる。

 7月25日、27日夜から、世界各地で今世紀最長の皆既月食が見られる。米航空宇宙局(NASA)によると、皆既月食の持続時間は1時間42分57秒、前後の部分月食をあわせると、月食の総時間は3時間54分となる。写真は1月31日アンマンで撮影の皆既月食(2018年 ロイター/Muhammad Hamed)

観測できるのは、欧州、アフリカ、中東では27日の日没から28日午前零時までの時間、アジアとオーストラリアの大半では28日の午前零時から日の出までの時間となる。

北米と大半の太平洋地域では観測できない。

一方、この日は火星も地球に近い場所を移動するため、最も明るく見えるという。

次回この長さで皆既月食が見られるのは、2123年となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below