for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

月面に初の携帯電話基地局、民間プロジェクトで来年設置へ

 2月27日、民間出資による月面ミッションの一環として、来年、月に初の携帯電話基地局が設置される計画が発表された。月面から地球に、高解像度のストリーミング配信が可能となる。写真は先月31日コロンビアで撮影(2018年 ロイター/Jaime Saldarriaga)

[バルセロナ 27日 ロイター] - 民間出資による月面ミッションの一環として、来年、月に初の携帯電話基地局が設置される。月面から地球に、高解像度のストリーミング配信が可能となる。

英ボーダフォンVOD.Lのドイツ法人、フィンランド通信機器メーカーのノキアNOKIA.HE、自動車メーカーのアウディVOWG_p.DEは27日、このミッションを支援していくと表明。

ボーダフォンによると、現在ベルリンに拠点を置くPTサイエンティスツ社と協力して事業を進めており、2019年にケープカナベラルから打ち上げられるスペースX製ロケット「ファルコン9」に基地局を搭載する予定。

プロジェクトに関わる企業幹部の1人は、次世代型の第5世代(5G)通信ネットワークはまだ試験段階で月面で確実に機能するだけの安定性が確保できていないことから、4Gネットワークの構築を決定したと説明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up