for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=メルセデス代表、ハミルトンとの契約延長に前向き

 自動車レースF1、メルセデスのトト・ウォルフ代表がルイス・ハミルトン(写真)との契約延長に前向きな姿勢を見せ、40代になっても戦えると語った。メキシコ市で29日撮影(2022年 ロイター)

[メキシコ市 30日 ロイター] - 自動車レースF1、メルセデスのトト・ウォルフ代表がルイス・ハミルトン(37)との契約延長に前向きな姿勢を見せ、40代になっても戦えると語った。

個人総合優勝7回、史上最多の103勝を記録しているハミルトンは1月に38歳となるが、2023年末に満了となる契約を複数年延長することに意欲的な姿勢を見せている。

ウォルフ代表は他のドライバー起用を検討する可能性があるかとの記者団の質問に対し、「100%、彼のシートだ」とコメント。まだ交渉は始めていないものの、契約更新の考えを示唆した。

ハミルトンについては「今はわれわれにとって、1人のドライバー以上の存在。キャリアの終わりについて話しているわけではないが、メルセデスや多数スポンサーのアンバサダーとしての役割や、業界に与えられる影響について話をするのも重要なことだ」と述べた。

ハミルトンはF1で、41歳のフェルナンド・アロンソ(アストンマーチン、スペイン)に次ぐ年齢。近代のF1で最年長優勝の記録を持っているのは、1994年に41歳で優勝したナイジェル・マンセル氏(英国)となっている。

ウォルフ代表は45歳でも存在感を見せている米プロフットボールリーグ(NFL)のトム・ブレイディを引き合いに出し、「体をケアし、認知の感覚を鍛え続ける限り、ハミルトンはもっと長くやれると思う。このチームでそうなると確信している」と40代でも競争力を保てるとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up