for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガンS、ゴーマンCEOの22年報酬を10%減額 3150万ドル

 1月20日、米金融大手モルガン・スタンレーは、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO、写真)の2022年の報酬を10%減額して3150万ドルとしたことを明らかにした。写真はニューヨークで昨年12月撮影(2023年 ロイター/Brendan McDermid )

[20日 ロイター] - 米金融大手モルガン・スタンレーは20日、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)の2022年の報酬を10%減額して3150万ドルとしたことを明らかにした。

内訳は、年間基本給が150万ドル、現金賞与が750万ドル、繰り延べ株式報酬が450万ドル、業績連動株式報酬が1800万ドル。

同社は「厳しい経済・市場環境」を考慮して報酬を決定したと表明。業績は「前年ほど好調ではない」と指摘した。

22年の同社の純利益は110億ドルで、前年の150億ドルを下回った。株価は1年間で13.4%値下がりした。

米大手行は22年に利益が縮小し、人員を削減。景気後退リスクに備えて貸倒引当金を積み増している。

JPモルガン・チェースは、ジェイミー・ダイモンCEOの22年の報酬を3450万ドルに据え置き、特別報酬を今後も支給しないことを決めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up