for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガンS、最優秀従業員の賞与20%強引き上げへ=関係者

1月12日、米金融大手モルガン・スタンレーは、最も優秀な成績を残した従業員に対して、前年より20%余り多い賞与を支給する見通しだ。ニューヨークの同本社前で2017年4月撮影(2021年 ロイター/Shannon Stapleton)

[シドニー/香港/ニューヨーク 12日 ロイター] - 米金融大手モルガン・スタンレーは、最も優秀な成績を残した従業員に対して、前年より20%余り多い賞与を支給する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

2人の関係者の話では、過去1年間の業績が堅調だった株式引き受けとM&A(合併・買収)助言に従事しているスタッフの賞与のアップ率が最も高くなりそうだ。

投資銀行業界は事業の推移に賞与が連動する仕組みを採用しており、こうした賞与引き上げは各行の激しい競争が続く中で人材を引き留める効果がある。

この2人の関係者によると、モルガン・スタンレーは13日に従業員へ賞与額を通知し、2月初めに支給する見込み。別の2人は、M&Aと株式資本市場(ECM)部門に支払われる賞与は最低でも前年比15%増で、一部ではアップ率が20%を超えることになると話した。

もっともその上を行きそうなのはバンク・オブ・アメリカだ。ブルームバーグが先週伝えたところでは、同行は投資銀行部門の賞与を40%以上も引き上げる計画とされる。セールスとトレーディング部門もアップ率は30%を上回る可能性があるという。

やはりM&Aと新規株式公開(IPO)関連事業が好調だったゴールドマン・サックスは、19日に従業員へ2021年の賞与額を知らせると複数の関係者が述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up