for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界一住みやすい都市、6年連続でメルボルン

 8月18日、英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが6年連続で1位となった。写真は同市で7月撮影(2016年 ロイター/David Gray)

[18日 ロイター] - 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが6年連続で1位となった。

EIUは世界の140都市を対象に、安定性、医療、文化・環境、教育、インフラなどの項目を基に「住みやすさ」を数値化。2位はウィーン(オーストリア)、3位はバンクーバー(カナダ)、4位はトロント(カナダ)、5位はカルガリー(カナダ)とアデレード(オーストラリア)と、いずれも前年から変わらずだった。

また上位10都市の中にオーストラリアは3都市、カナダは3都市が入った。ただ、昨年7位だったシドニー(オーストラリア)は、テロ行為の脅威の高まりを背景に、今年は4つ順位を落としトップ10圏外となったという。

一方、最下位は昨年同様ダマスカス(シリア)。トリポリ(リビア)、ラゴス(ナイジェリア)、ダッカ(バングラデシュ)、ポートモレスビー(パプアニューギニア)が続いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up