for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドバイが債務問題めぐる懸念緩和に苦慮

 [ドバイ/ロンドン 26日 ロイター] アラブ首長国連邦(UAE)ドバイは、主要企業2社の債務返済延期を債権者に要請する同国の意向を受け、投資の中心地と資本源としての中東の信頼が揺らぐなか、デフォルト(債務不履行)をめぐる懸念の緩和に苦慮している。

 11月26日、ドバイが債務問題めぐる懸念緩和に苦慮。写真は3月、ドバイで(2009年 ロイター/Steve Crisp)

 世界一の高層ビルを生み出した不動産ブームの遺物であるドバイの債務問題は、世界的な金融危機のなか、湾岸地域の産油国に注目した西側の投資家の信頼を揺るがした。

 ドバイ政府は25日、政府系持ち株会社ドバイ・ワールド[DBWLD.UL]と系列の不動産開発会社ナヒール[NAKHD.UL]の2社の債権者に対し、ドバイ・ワールドのリストラ(事業再編)に向けた最初の措置として、数百億ドルの債務返済延期に同意するよう求める意向を表明した。

 市場の信頼を回復するため政府は26日、ドバイ・ワールドのリストラには港湾事業会社DPワールドDPW.DIを含まないことを明らかにした。債券発行残高が32億5000万ドルのDPワールドは、ドバイ・ワールドが筆頭株主となっているが、株式はナスダック・ドバイに上場している。 

 世界的な危機の最悪期が終わったとの期待から過去数カ月間に回復してきた欧州の銀行株は、ドバイの債務問題を受け、5月以来の安値に下落した。米国市場は26日、感謝祭の祝日で休場だった。

 ロンドン証券取引所(LSE)LSE.L、英小売り大手JセインズベリーSBRY.L、独自動車メーカーのポルシェとダイムラーDAIGn.DEなど、湾岸の投資家を大株主に持つ企業の株価は、債務返済のため保有を減らすとの懸念から急落した。

 銀行関係筋がトムソン・ロイターに語ったところによると、ドバイ・ワールドに対するエクスポージャーは、ナヒールと政府系投資会社イスティスマールへの既存ローンを含め、シンジケートローンと直接融資で120億ドルにのぼる可能性があるという。

 海外金融機関は、債務返済延期要請への対応を検討するなか、ポジションの明確化を進めるとともに、ドバイおよび湾岸地域への融資に対する影響を見極めようとしている。

 ある銀行幹部は「これは非常に深刻な問題で、地域全体にわたり影響を与えるだろう」と語った。

 ドバイ最高財政委員会のSheikh Ahmed bin Saeed al-Maktoum会長は26日、声明で「われわれは、市場の懸念や特に債権者の懸念を理解している。しかし、(ドバイ・ワールドの)際立った債務負担に対処するため、断固とした行動を取る必要があり、介入しなければならなかった」と説明した。

 <債券が下げ幅拡大>

 バーレーンに拠点があるサウジ系のガルフ国際銀行(GIB)は、ドバイ・ワールドの債務問題を受け、今週価格設定を予定していたドル建て5年債の起債を取り止めた。ドバイの債務問題が、近隣諸国の海外資金調達に打撃を与える可能性があることを示した。

 ドバイの動きは、中東地域の政府系企業の発行債券に対するリスクの再評価につながる見通しだ。

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、ドバイ・ワールドへのエクスポージャーを理由に、ドバイを拠点とする銀行4行の信用格付けを格下げ方向でクレジットウォッチに指定したと発表した。またS&Pとムーディーズ・インベスターズ・サービスは25日、既に複数のドバイ政府系企業の格付けを大幅に引き下げた。

 25日の発表を受け、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)によるドバイ政府の債務保証コストは急上昇、債券価格は急落した。

 ドバイ・ワールドが抱える債務は590億ドルで、ドバイの債務総額800億ドルの大部分を占めている。

 トレーダーによると、ドバイのCDSは500―550ベーシスポイント(bp)の高水準で推移。カタール、アブダビ、バーレーンの債務保証コストも急上昇した。

 ただ、アナリストは、ドバイが融資を通じて成長してきたのに対し、ほとんどの近隣国は石油・ガスの主要輸出国だと指摘。湾岸地域のより広範に影響が及ぶ可能性に否定的見方を示した。

 アナリストは、同じアラブ首長国連邦の構成首長国で資金にゆとりがあるアブダビが、ドバイに財政支援するとみている。しかし、ドバイは大規模な不動産投資と外国資本流入などに焦点を当てたこれまでの経済成長モデルを放棄する必要に迫られる可能性があるという。

 <ドバイの選択肢>

 債権者が短期債務の返済を2010年5月まで延期する提案を拒否した場合、ドバイ政府は海外不動産を非常に安い価格で売却することを余儀なくされる可能性がある。

 海外不動産アドバイザーは、ドバイ・ワールドが保有する資産について一連の売却指示を受ける可能性に備えている。

 不動産コンサルタントのナイト・フランクの湾岸資本市場チーム所属ジェームズ・ルイス氏は「ドバイ政府が不動産の売却、特に英国資産の売却を通じて資本調達に向けた努力を強化するとみている」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up