for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

焦点: 浮き彫りになる大手銀行グループの経営格差

 [東京 18日 ロイター] 3大銀行グループの2010年3月期決算発表が18日、出そろった。

 5月18日、3大銀行グループの10年3月期決算発表が出そろった。収益計画や配当政策で対応の違いが見られた。写真は 10日、東京で撮影(2010年 ロイター/Yuriko Nakao)

 巨額増資に踏み切りながら、明確な収益増強の道筋を描ききれない三菱UFJフィナンシャル・グループ8306.Tと三井住友フィナンシャルグループ8316.Tに対して、最も大胆な計画を打ち出したのが、8000億円増資計画を発表したみずほフィナンシャルグループ8411.T。各グループの配当政策や資本政策の差異も明らかになり始めており、「横並び経営」と揶揄(やゆ)されてきた邦銀に経営格差が生じ始めているとの指摘も出てきた。

 <配当政策で取り組みに差>

 横並びが常だった銀行経営の中で、今回、明確な差が生じたのが配当政策だ。三井住友FGは10年3月期の1株当たりの配当を2年ぶりに引き上げ、年間配当を前期比10円増配の1株100円に増やした。11年3月期も維持する方針。

 これに対して、みずほは11年3月期の配当を1株6円とし、2円減配する。会見した塚本隆社長は「現在大切なのは資本の拡充。1株当たりの利益を上げていくことで企業価値の拡大に繋げる」と説明した。三菱UFJは11年3月期も1株12円の年間配当を継続する。

 授権枠拡大に対する対応も分かれた。三井住友が6月の株主総会で発行可能な株式総数の枠を2倍に拡大すると発表したのに対して、みずほは見送った。三井住友は発行枠の9割を使い尽くしており、広げなければ追加増資は不可能になる。みずほも8000億円規模の増資を実施すると、残る枠は現在の株価ベースで計算すると4000億円程度にすぎない。三井住友の北山社長は「資本を使うようなインオーガニックな動きに対応するためには、授権枠の拡大を準備しておき、いざという時に動けるようにすべきと判断した」と狙いを説明。

 対応が分かれた背景については、両行の資本政策に対する違いがある。これから市場で資金を吸い上げるみずほは、従来の配当を維持して社外流出を拡大させるわけにはいかない。さらに、8000億円の増資を成功させるためには、追加増資懸念を払しょくさせなければらず、枠の拡大はあり得ないというわけだ。三井住友は増配によって「枠拡大による追加増資懸念を払しょくしたいのではないか」と、ある機関投資家の銀行アナリストは分析する。「内部留保と株主への還元とのバランスをどうするのか。今後は、ますます違いが明確になってくるのではないか」(同上)との見方も出ている。

 <規制対応増資は一段落、収益向上策は描けず>

 みずほフィナンシャルグループが8000億円の増資に向けた手続きに入ったことで、3大銀行グループの「増資懸念は払しょくされた」(シティグループ証券の銀行アナリスト、野崎浩成氏)との見方が市場では大勢を占める。しかし、資金需要が伸び悩む中で、大型増資による1株利益の希薄化を打ち返すだけの収益増強策を実現させるのに苦慮しているのが現実だ。みずほはこれからローンチさせる増資を成功させるために大胆な増益計画を打ち出したが、実現性には首を傾げる市場関係者も多い。

 みずほの11年3月期当期利益は前年比179.6%増の4300億円。13年3月期には5000億円に拡大させる。「実現の可能性はある」(野崎アナリスト)との声もあるが、銀行の本業収益である業務純益が伸び悩む中で、「本当に実現できるか疑問」(外資系証券アナリスト)との声も根強い。「企業価値増大に向けた断固たるステップを踏む」と強調した塚本社長の実行力が問われる。

 三井住友フィナンシャルグループの北山禎介社長は今期の見通しについて「来年度に向けて伸びの下地を作っていくことが中心にならざるを得ない」と発言。手数料収入の拡大に努める各銀行グループだが、収益の6割以上は貸出金収益。三井住友の今期は、国内の貸出金の減少を海外で補う構図を描くが、「爆発的に収益が稼げる状況ではない」(幹部)という。

 三菱UFJの11年3月期の当期利益目標も前年同期比2.9%増の4000億円と微増にとどまる。永易克典社長は今後の収益の伸びについて「(銀行が)ぐいぐい伸びていくことはない。投資銀行業務やグローバル展開、富裕層業務などを含めてやっていけば持続的成長は可能だ」との見解を示した。

 (ロイター日本語ニュース 布施太郎記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up