for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタは国内生産の停止が長期化、HV3車種以外は4月11日まで

 3月29日、トヨタがHV車3車種以外の車両について、少なくても4月11日まで生産を再開しない方針であることが分かった。写真は同社のHV車プリウス。デトロイトの北米自動車ショーで1月撮影(2011年 ロイター/Mark Blinch)

 [東京 29日 ロイター] トヨタ自動車7203.Tがハイブリッド車(HV)3車種以外の車両について、少なくても4月11日まで生産を再開しない方針であることが分かった。

 関係筋が29日、明らかにした。同社は国内外で需要の強い「プリウス」、レクサスブランドの「HS250h」「CT200h」のHV車種に限って28日から生産を再開したが、そのほかの車種についてはこれまで未定としてた。大半の車両生産の停止が長期化している。

 トヨタは同日、現在の部品調達と生産の状況について、一部の部品の生産で「復旧に相当程度の期間を必要とする可能性があるとの報告がある」とのコメントを発表した。広報担当者によると、車両生産に必要な部品のうち、電子、ゴム、樹脂関連など500品目程度の調達に支障が出ているという。すでに今月14日から26日まで国内の全車両工場で生産を停止し、約14万台の減産影響が出ているとしている。

(ロイターニュース 杉山健太郎 金昌蘭;編集 田中志保)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up