for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニーがタブレット端末を17日から日本に投入、4.5万円から

 9月1日、ソニーは、タブレット端末「ソニータブレット」を9月17日から国内で発売すると発表した。写真は画面サイズ9.4型のタブレット「S」。ベルリンで8月31日撮影(2011年 ロイター/Tobias Schwarz)

 [東京 1日 ロイター] ソニー6758.Tは1日、タブレット端末「ソニータブレット」を9月17日から国内で発売すると発表した。画面サイズ9.4型の「S」のWiFiモデルから発売する。

 価格は16ギガバイト(GB)が4万5000円で、32GBが5万3000円。携帯電話の3G回線(3G+WiFi)を利用できるモデルは10―11月からNTTドコモ9437.Tで発売する。

 ソフトバンク9984.Tを通じた米アップルAAPL.Oの「iPad(アイパッド)」のWiFiモデルの販売価格は16GBが4万4800円、32GBが5万2800円で、ほぼ同水準の価格設定。

 この他にもソニータブレットとして、5.5型サイズの画面2枚を搭載して折りたためる「P」(4GB)を発売する。Pは屋外での利用を想定してWiFi専用モデルの商品化は見送り、NTTドコモが発売する3G+WiFi搭載モデルのみを用意した。

 NTTドコモが発売するSとPの3G+WiFiモデルは現時点で価格の公表を見送ったが「SとPとも最大2年間の利用で1万台後半になるような価格設定にする」(広報)としている。

 ソニーの予測によると、タブレット端末の国内市場は、10年度の85万台に対して、11年度は200万台、12年度は320万台に拡大する見込み。ソニーは「12年末までにグーグルGOOG.O陣営で1番になる」(鈴木国正業務執行役員)との目標を掲げている。

 ソニーは31日、欧州家電見本市「IFA」が9月2日から開幕するのを前に、ソニータブレットを9月から日米欧で順次発売すると発表した。 

 (ロイターニュース 村井令二)

*情報をさらに追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up