for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ、米自動車2社破たんの利益享受=バロンズ

 6月14日、米投資情報週刊紙バロンズはトヨタが米自動車2社破たんによって利益を受けると予想。写真はバージニア州アーリントンの販売店。昨年12月撮影(2009年 ロイター/Kevin Lamarque)

 [ニューヨーク 14日 ロイター] 15日付の米投資情報週刊紙バロンズは、ゼネラル・モーターズ(GM)GMGMQ.PKの破たんによって利益を受けることが予想される自動車メーカーとしてトヨタ自動車7203.Tを挙げ、同社のADR(米国預託証券)は大幅上昇する可能性があるとの見方を示した。

 バロンズは「トヨタは、強いポジションで景気後退期に入ったことから、最初に黒字転換するメーカーの1社となる可能性が高い」と指摘。

 トヨタのADRは約2年前に137ドルをつけたとし、米自動車市場が活性化の兆しを見せれば、最近の70ドル台後半から、向こう1年間で少なくとも115ドルに上昇するとの予想を示した。

 GMとクライスラーの破たんから利益を受ける自動車メーカーは複数あるとした上で、「少なくとも地位や市場での影響力といった面ではトヨタが大きな勝者」となり、同社のADRは「長期的投資家にとって優れた投資先」になるとの見方を示した。

 12日の同社ADRの終値は78.84ドル。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up