for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン直撃の台風、死者は1万人を超す恐れ

11月10日、フィリピンの警察幹部は、同国中部を襲った猛烈な台風30号で、死者数が少なくとも1万人に上る恐れがあると明らかにした。同国中部で撮影(2013年 ロイター/Romeo Ranoco)

[タクロバン(フィリピン) 10日 ロイター] - フィリピンの警察幹部は10日、同国中部を襲った猛烈な台風30号で、死者数が少なくとも1万人に上る恐れがあると明らかにした。

この幹部によると、レイテ州で8日、台風が通過した地域の約70─80%の建物が破壊された。

フィリピン政府や同国の災害対策本部からは、最新の死者数に関する情報の確認は取れていない。

隣接のサマル州の災害対策本部関係者によると、同州では死者が約300人、行方不明者が2000人となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up