for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米利下げこうみる:市場は失望、最終的にはドル売り相場へ=Mスタンレー 小川氏

 <モルガンスタンレー証券 為替本部ヴァイスプレジデント 小川統也氏>

 一部で0.5%の利下げを予想している向きがいたこと、公定歩合の引き下げ幅が0.25%にとどまったことが、市場の失望感につながっている。株価の下落でリスク回避の動きが強まり、クロス円が大きく下落した。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題は非常に根が深い。米連邦準備理事会(FRB)の措置は不十分だったと言わざるを得ない。

 現在の為替市場の反応はリスク回避の円買いだが、最終的にドル売り相場へ移行するとの見方は変わらない。声明文に追加利下げスタンスをにじませてきたため、ドル/円は短期的に109円半ばから112円半ばのレンジ相場を予想しているが、長い目で見れば下値リスクが大きいだろう。どのタイミングで下抜けるかは不透明で、サブプライム関連ニュースや米経済指標などに関心を持っている。

   (東京 12日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up