August 10, 2018 / 2:51 AM / 2 months ago

景気先行き、通商問題の影響に留意する必要=GDPで茂木経財相

[東京 10日 ロイター] - 茂木敏充経済財政政策担当相は10日、同日公表された2018年4─6月期の国内総生産(GDP)速報を受け、「景気は緩やかに回復していると認識している」との談話を公表した。先行きについては、民需を中心とした景気回復を期待する一方、「通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響などに留意する必要がある」とした。

 8月10日、茂木敏充経済財政政策担当相(写真)は、同日公表された2018年4─6月期の国内総生産(GDP)速報を受け、「景気は緩やかに回復していると認識している」との談話を公表した。写真は昨年11月ベトナムのダナンでの代表撮影(2018年/ロイター)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below