Reuters logo
パウエル次期FRB議長就任、世界経済への影響注視=茂木経済財政相
2017年11月14日 / 02:25 / 7日後

パウエル次期FRB議長就任、世界経済への影響注視=茂木経済財政相

[東京 14日 ロイター] - 茂木敏充経済財政・再生担当相は14日の閣議後会見で米連邦準備理事会(FRB)のパウエル次期議長について、「イエレン議長と大きな考え方の変更はないと報道されている」と指摘した上で、「(パウエル氏の就任で)米実体経済や貿易・投資関係、金融資本市場を通じ世界経済にどのように影響するか注視する」と強調した。

 11月14日、茂木敏充経済財政・再生担当相は閣議後会見で米連邦準備理事会(FRB)のパウエル次期議長について、「米実体経済や貿易・投資関係、金融資本市場を通じ世界経済にどのように影響するか注視する」と強調した。写真はTPP交渉会議に参加する同経済財政・再生担当相。ベトナムのダナンで11日撮影(2017年 ロイター/Nguyen Huy Kham)

米国を除いての環太平洋経済連携協定(TPP11)大筋合意については「日本の成長戦略上、大きな成果」と評価。国内酪農家への支援を「しっかり進めて行く」とも述べた。

幼児教育の無償化では「政府として認可外保育園を対象としないとは一度も議論したことがない」と指摘。認可外を対象外と判断した経緯はないとの立場を強調した。

竹本能文

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below