April 24, 2018 / 1:04 AM / a month ago

新たな日米通商枠組み、協議開始は6月中旬以降に=茂木経済再生相

[東京 24日 ロイター] - 茂木敏充経済再生担当相は24日の閣議後会見で、日米両首脳が合意した新たな通商枠組みに関し、協議開始の時期は国会日程などを踏まえ「6月中旬以降になるだろうと先方に伝えている」と述べた。具体的な議論の進め方は米国側と今後調整する。

 4月24日、茂木敏充経済再生担当相は閣議後会見で、日米両首脳が合意した新たな通商枠組みに関し、協議開始の時期は国会日程などを踏まえ「6月中旬以降になるだろうと先方に伝えている」と述べた。写真は首相官邸で会見する同経済再生担当相。昨年8月に撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議」は、茂木経済再生相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表をトップに据え、成果は麻生太郎副総理とペンス米副大統領の「日米経済対話」に報告する形を取る。

茂木経済再生相は会見で「二国間の自由貿易協定(FTA)は念頭に置いていない。11カ国による環太平洋連携協定(TPP)の早期発効を目指す立場に変わりはない」と強調した。

一方、TPPにタイが参加する見通しとなったと伝えた報道を巡っては「決まっていない」と述べるにとどめた。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below