for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

首相のウクライナ訪問、現地の状況見るのは有意義=自民幹事長

 自民党の茂木敏充幹事長(写真)は24日、役員連絡会後の記者会見で、岸田文雄首相のウクライナ訪問の是非について、実際に訪問してゼレンスキー大統領と会談したり現地の状況を見たりするのは有意義だとの認識を示した。写真は都内で2021年11月撮影(2023年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - 自民党の茂木敏充幹事長は24日、役員連絡会後の記者会見で、岸田文雄首相のウクライナ訪問の是非について、実際に訪問してゼレンスキー大統領と会談したり現地の状況を見たりするのは有意義だとの認識を示した。

茂木幹事長は、日本が主要7カ国(G7)議長国として開催する5月の広島サミットで、ウクライナ情勢やウクライナ支援、G7の結束が大きなテーマになるとの認識を示した。その上で、日程の都合はあるとしながらも、「岸田首相が実際に訪問して、ゼレンスキー大統領との会談を行う、また現地の状況がどうなっているのか、直接、自分の目で見るのは有意義なことだ」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up