February 4, 2019 / 1:19 AM / 14 days ago

1人当たり実質賃金、パート増・物価上昇で伸び悩み=茂木再生相

 2月4日、茂木敏充経済再生相は午前の衆院予算委員会で、1人当たりの実質賃金は伸び悩んでいると指摘した。写真は昨年チリのサンティアゴで撮影(2019年 ロイター/Rodrigo Garrido)

[東京 4日 ロイター] - 茂木敏充経済再生相は4日午前の衆院予算委員会で、1人当たりの実質賃金は伸び悩んでいると指摘した。原因として、女性や高齢者の就業者が増加し、賃金の低いパートで働く人が増加したことに加え、デフレ脱却に向けた取り組みや原油・エネルギー価格で物価が上昇したためと説明した。

同時に、総雇用者所得は雇用増加により名目・実質とももに増加傾向が続いていると強調した。自民の宮下一郎議員への答弁。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below