March 7, 2019 / 10:10 AM / 3 months ago

一致指数「下方局面」でも景気後退とならなかったことある=再生相

 3月7日、茂木敏充経済再生相は未来投資会議後の会見で、同日内閣府が公表した景気動向指数で基調判断を「下方への局面変化」に引き下げたことについて、この判断は「機械的」であり、過去に「下方局面でも(景気が)後退局面とならなかったことがある」と指摘した。都内で1月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - 茂木敏充経済再生相は7日の未来投資会議後の会見で、同日内閣府が公表した景気動向指数で基調判断を「下方への局面変化」に引き下げたことについて、この判断は「機械的」であり、過去に「下方局面でも(景気が)後退局面とならなかったことがある」と指摘した。

政府の正式な景気判断は、3月中に予定される月例経済報告で示される。

内閣府が7日に公表した1月の景気動向指数では、鉱工業生産悪化の影響で一致指数が前月比2.7ポイント低下し、基調判断は「足踏みを示している」から「下方への局面変化を示している」に引き下げられた。[nL3N20U1H3]

茂木再生相は、景気動向指数の基調判断は中国の春節のずれや自動車メーカーの一時操業停止、操業日数などを勘案しておらず、機械的と説明。月例経済報告では「指標の動きの背景にある経済の動きなどを総合判断する」と述べた。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below