May 14, 2019 / 10:31 AM / 2 months ago

海外経済、確かにリスク拡大=茂木経済再生相

 5月14日、茂木敏充経済再生担当相は経済財政諮問会議後の会見で、消費税率引き上げは社会保障の充実や教育無償化に不可欠として予定通り実施するとの公式見解を繰り返す一方、海外経済は「確かにリスク要因が拡大している」との見方を示した。2018年3月撮影(2019年 ロイター/Rodrigo Garrido)

[東京 14日 ロイター] - 茂木敏充経済再生担当相は14日夕、経済財政諮問会議後の会見で、消費税率引き上げは社会保障の充実や教育無償化に不可欠として予定通り実施するとの公式見解を繰り返す一方、海外経済は「確かにリスク要因が拡大している」との見方を示した。

貿易を巡る米中の対立については「追加関税は米中のみならず世界経済に望ましいことでない」と指摘、協議の動向と結果を受けた市場の動きを見極め、経済運営に万全期すと述べた。

一方、日本経済の現状については、同会議に出席した日銀の黒田東彦総裁の発言を引用する形で、輸出・生産は弱さが続いているが内需・設備投資・消費はしっかりしていると述べた。

<日米事務方協議、「交渉でなく論点整理」>

日米通商協議の一環で梅本和義首席交渉官らがトランプ大統領の来日前に訪米するとされているが、茂木再生相は「交渉ではなく論点整理」と説明、「(事務方協議の)具体的な日程が決まり次第、公表する」とした。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below