October 26, 2018 / 4:11 AM / in a month

社会保障充実や財政健全化に不可欠=消費増税で茂木再生相

 10月26日、茂木敏充経済再生・経済財政担当相(写真)は、2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げについて「人づくりや社会保障の充実、財政健全化に不可欠」との認識を示した。写真は都内で昨年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 茂木敏充経済再生・経済財政担当相は26日、2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げについて「人づくりや社会保障の充実、財政健全化に不可欠」との認識を示した。19年度予算や税制などの政策を総動員し、「(増税前後の)需要変動を乗り越え、持続的な経済成長を続ける」と閣議後の記者会見で語った。

閣議後会見では、米国を除く環太平洋連携協定(TPP)にも触れ、来年早々の発効に意欲を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below