September 18, 2018 / 1:50 AM / a month ago

制裁・報復関税の応酬はどの国も望んでいない=米中摩擦で茂木経済再生相

[東京 18日 ロイター] - 茂木敏充経済再生担当相は18日の閣議後会見で、米中貿易摩擦の影響に関して、「国際的に貿易・投資を促進することが世界経済の発展につながる。制裁や報復関税の応酬はどの国も望んでいない」との認識を示した。併せて「こうした事態が早く収束するよう望んでいる」と述べた。

 9月18日、茂木敏充経済再生担当相は閣議後会見で、米中貿易摩擦の影響に関して、「国際的に貿易・投資を促進することが世界経済の発展につながる。制裁や報復関税の応酬はどの国も望んでいない」との認識を示した。写真はAPEC2017に出席時の同経済再生担当相。昨年11月にベトナムのダナンで撮影(2018年 ロイター/Nguyen Huy Kham)

今月下旬の日米通商協議(FFR)の開催日程については、「米通商代表部(USTR)と日程の最終調整をしており、遠からずお知らせできる」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below