Reuters logo
死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
2017年9月5日 / 07:36 / 14日前

死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

 9月4日、1975年に生後7日で死亡した息子の遺体の扱いを巡る真実を知りたいと願う母親の求めに応じ、裁判所の命令でエディンバラの墓所が掘り返され、棺が空だったことが明らかになった(2017年 ロイター/Russell Cheyne)

[エディンバラ 4日 ロイター] - 1975年に生後7日で死亡した息子の遺体の扱いを巡る真実を知りたいと願う母親の求めに応じ、裁判所の命令でエディンバラの墓所が掘り返され、棺が空だったことが明らかになった。

BBCが報じた。それによると、この母親リディア・レイドさん(68)は、病死した息子の遺体から臓器が無断で摘出されたとの疑いを持っており、葬儀の日に棺が異常に軽かったことから、棺は空だったのではと考えてきたという。

1990年代にリバプールの病院で子供の遺体の一部を研究目的で違法に保存していた疑いで公式調査が行われたことを受け、レイドさんはスコットランドの病院における違法献体の実態の告発を主導してきた。

レイドさんは「間違いであってほしかった。(だが)法医学者が覆いを取り除くと(棺の中には)何もなかった」と語った。

また「荼毘に伏されたにせよ、病院の瓶の中に保存されているにせよ、そのことを知りたい。息子を取り戻せるならそうしたいし、できないならせめて、真実を知らせて心の平安を与えてほしい」と述べた。

現地の国民保健当局者は「この件は現在警察が調査中のため、コメントはできない」としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below