for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=アゼルバイジャンGP、角田は7位 ペレスが優勝

 自動車レースF1の今季第6戦、アゼルバイジャンGP決勝、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は7位入賞した(2021年 ロイター/Anton Vaganov)

[6日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第6戦、アゼルバイジャン・グランプリ(GP)は6日、バクーで決勝を行い、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は7位入賞した。

レースは、ドライバーズランキングで首位のマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・ホンダ)が終盤でクラッシュ。レッドフラッグが出て中断となり、残り2周でスタンディングスタートからのスプリントレースとなった。

個人総合優勝7回を誇るルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)が2位からの逆転を狙って果敢に攻めたが、第1コーナーで曲がれずコースアウト。レッドブル・ホンダのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が2時間13分36で優勝した。

セバスチャン・フェテル(ドイツ、アストンマーチン)が2位、角田のチームメートであるピエール・ガスリー(フランス)が3位に入った。

なお、ハミルトンは15位で終え、出走レースでの連続入賞記録が54戦で途絶えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up