for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=バーレーンGP、新型コロナウイルス懸念で無観客開催へ

 自動車レースF1の今季第2戦、バーレーン・グランプリ(GP)が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、22日に無観客で開催されることが決定した。写真は昨年の同GP。2019年3月にバーレーンのサヒールで撮影(2020年 ロイター/Hamad I Mohammed)

[ドバイ 8日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第2戦、バーレーン・グランプリ(GP)が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、22日に無観客で開催されることが決定した。主催者が8日に発表した。

主催者は「一般公開されていて、数千人の渡航者や地元のファンが密集する大きなイベントを開催することは、現時点において適切ではない。競技やファンに過度な影響を与えないために、週末のレース自体は放送を前提としたイベントとして進める」と説明した。

F1ではすでに、4月19日に予定されていた上海GPの延期が決まっており、バーレーンGPは新型ウイルスの影響で予定が変更された2つ目のレースとなる。

バーレーンでは現在83の感染例が確認されており、その多くはイランへの渡航が原因と報告されている。イランでは新型コロナウイルスの感染で145人が死亡し、感染者は5823人を数える。湾岸地域ではコンサートなど多数の主要イベントが中止となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up