for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=タイトル懸かる中東3連戦、今週末のカタールGPから

 自動車レースF1は、今週末のカタールGPからの中東3連戦で、個人総合でメルセデスのルイス・ハミルトン(奥)か、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(手前)の個人総合優勝が決まる。写真はブラジルGPでの両者のマシン。14日にサンパウロで撮影(2021年 ロイター)

[17日 ロイター] - 自動車レースF1は、今週末のカタール・グランプリ(GP)から中東3連戦が行われ、個人総合でメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が単独最多記録になる8回目の優勝か、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が初優勝を飾るかが決まる。

F1初開催となるドーハ近郊のロサイル・サーキットでは、例年オートバイの世界選手権シリーズ、モトGPの開幕戦が行われる。全長1キロの直線に加え、中高速コーナーの続く平均速度の速い高速コースだ。

F1のマネージング・ディレクターを務めるロス・ブラウン氏は、「ブラジルGPではメルセデスが優勢だったが、次はレッドブルに有利になるかもしれない。素晴らしいことだ。次に何が起こるか誰にも分からない」とタイトル争いについて述べた。

チーム総合でレッドブルを11ポイントリードしているメルセデスのトト・ウォルフ代表は「最後の3連戦は、エネルギーのレベルが試されることがある。モチベーションは過去最高だ」と話した。

一方で、個人総合でハミルトンを14ポイントリードするフェルスタッペンは「良いパフォーマンスができると期待している。あそこでモトGPのレースを見ると、いつもクールに見える」と、サーキットへの印象を話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up