August 23, 2018 / 1:55 AM / a month ago

F1=ドイツGP、2019年シーズンも存続へ

[ロンドン 22日 ロイター] - 自動車レースF1のドイツ・グランプリ(GP)が、来年のシーズンも開催レースの中に存続することが濃厚になった。

 8月22日、自動車レースF1のドイツGPが、来年もシーズンの開催レースの中に存続することが濃厚になった。写真はことしのレースの模様。ドイツのホッケンハイムで7月撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)

F1のマネージング・ディレクターを務めるショーン・ブラッチズ氏は21日、2019年シーズンの詳細については説明しなかったものの、ことしと同じ21レースが行われると述べ、詳しくは今週末に開催されるベルギーGPのあたりで発表するとした。

ホッケンハイム・サーキットとの契約はことしのドイツGPを持って終了しており、今後の開催地については不透明な状況となっている。

同サーキットのマーケティング・ディレクター、ジョーン・テスケ氏はロイターに対し、来年以降についてF1の商権を保有するリバティ・メディア社と議論の最中であり、何も決まっていないとコメント。「来年もGPを開催したいと願っているが、それ以上は言えない」と言葉を濁した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below