for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=人権団体、ハミルトンらの政治的発言の自由を要求

ロンドンに拠点を置くバーレーン・インスティテュート・フォー・ライツ・アンド・デモクラシーは24日、自動車レースF1を統括するFIAに対し、個人総合優勝7回のルイス・ハミルトン(写真)らドライバーによる政治的発言の自由を求めた。アブダビで2022年11月撮影(2023年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ロンドン 24日 ロイター] - ロンドンに拠点を置くバーレーン・インスティテュート・フォー・ライツ・アンド・デモクラシー(BIRD)は24日、自動車レースF1を統括する国際自動車連盟(FIA)に対し、個人総合優勝7回のルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)らドライバーによる政治的発言の自由を求めた。

F1ではここ数シーズンで、ハミルトンや現役を引退したセバスチャン・フェテル(ドイツ)などの政治的発言が増加。ハミルトンは人権や多様性に関する活動を行っており、フェテルは性的少数派(LGBTQ+)の権利から気候変動など、さまざまな問題に言及してきた。

しかし、FIAが昨年12月に公開した2023年版の規約では、中立性の一般原則に著しく反する政治的、宗教的、個人的な発言などに関する新たな条項が追加され、そうした発言をするにはFIAから事前に書面での承認が必要になった。

BIRDのディレクターはこれについて、FIAのモハメド・ビン・スライエム会長への書簡で「ルイス・ハミルトンはじめ、ドライバーらが開催国の人権記録を含めてF1レース開催地に懸念を示し、あなた方の組織による沈黙に力強く介入してきたことへの対応だろう」とし、「このポリシーは間違いだ。直ちに撤回されなければならない」と主張した。

新シーズンでは、開幕戦のバーレーン、サウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦と中東で4レースが予定されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up