October 1, 2018 / 1:44 AM / 20 days ago

F1=ハミルトンが通算70勝も心境複雑、ロシアGP

[ソチ(ロシア) 30日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第16戦、ロシア・グランプリ(GP)は30日に決勝を行い、総合首位のルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)が今季8勝目を挙げ、通算70勝とした。

 9月30日、自動車レースF1の今季第16戦、ロシア・グランプリ(GP)決勝、総合首位のルイス・ハミルトン(メルセデス、写真左)が今季8勝目を挙げ、通算70勝とした。写真右はチームオーダーでトップを譲ったバルテリ・ボッタス(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)

ポールポジション(PP)で出たチームメートのバルテリ・ボッタス(フィンランド)は、チームオーダーによりハミルトンにトップの座を譲って2番手に。セバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)が3位となり、ハミルトンとのポイント差は50に広がった。

レース後、ハミルトンは「いい気分ではない。当然のことながら、今日のバルテリは素晴らしいチームプレーヤーだった。私に道を譲った彼は新のジェントルマンだ。普段であれば私は喜ぶだろうが、バルテリにとってどれほど苦しいことだったか分かっている」とチームメートを思いやった。

トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリー(フランス)、ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)ともにリタイアとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below