for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=フェテルが同性愛者ドライバー誕生を歓迎、「それが当然」

 自動車レースF1、アストンマーチンのドライバーであるセバスチャン・フェテル(写真)は、同性愛者のF1ドライバー誕生を歓迎すると明言した。ハンガリーのブダペストで2021年8月撮影(2022年 ロイター)

[ロンドン 8日 ロイター] - 自動車レースF1で個人総合4回優勝のセバスチャン・フェテル(アストンマーチン、ドイツ)は、同性愛者のF1ドライバー誕生を歓迎すると述べた

1950年に始まったF1では、76年以降のドライバーは全て男性。しかし、近年は性的マイノリティーであるLGBTQコミュニティーへの支援を示すチームもあり、多様性と包括性の推進を図っている。フェテルも昨年のハンガリー・グランプリ(GP)では反LGBTQ+の法案に抗議するため、「same love」というメッセージの入った虹色のTシャツを着用した。

LGBTQ誌「アティチュード」の表紙を飾ったフェテルは同誌のインタビューで「以前はそうではなかったかもしれないが、現在では同性愛者のF1ドライバーは歓迎されるだろうし、そうなって当然だと思う」とコメント。

「同性愛者のドライバーは偏見の解消を加速させ、F1をより良い方向へ推し進めることに貢献してくれると思う。私はF1にその準備が整っていると思うし、そうあってほしい」と語った。

LGBTQ+を巡っては、メルセデスも8日、啓発活動やイベントが世界各国で実施されるプライド月間(6月)に開催される3つのグランプリで、マシンに虹色の星を付けてレースに臨むと発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up