for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米シティ、アジアの経営管理体制を刷新=文書

 6月22日、米シティグループがアジア事業の経営管理体制を刷新したことが、ロイターが閲覧したメモで分かった。写真はカナダのトロントで2017年10月撮影(2022年 ロイター/Chris Helgren )

[香港 23日 ロイター] - 米シティグループがアジア事業の経営管理体制を刷新したことが、ロイターが閲覧したメモで分かった。

北・東アジア事業「クラスター」を現在アジア太平洋部門の最高財務責任者(CFO)を務めるティム・モンガー氏が率い、南アジアと東南アジア諸国連合(ASEAN)のトップにはASEANおよびシンガポールの責任者を務めてきたアモル・グプテ氏が就く。

モンガー氏は香港、グプテ氏はシンガポールを拠点とし、アジア太平洋部門のピーター・バベジ最高経営責任者(CEO)が直属の上司となる。

シティグループの広報担当者はメモの内容が事実だと確認した。

バベジ氏は「新たな体制によって主要な成長回廊に一段と重点を置けるようになり、全ての市場に経営上のシナジーがもたらされる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up