Reuters logo
北米映画興行収入=「ガール・オン・ザ・トレイン」初登場首位
October 11, 2016 / 2:27 AM / a year ago

北米映画興行収入=「ガール・オン・ザ・トレイン」初登場首位

[ロサンゼルス 9日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムなどによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ポーラ・ホーキンズのベストセラー小説を映画化した本格ミステリー、「ガール・オン・ザ・トレイン(日本公開11月18日)」が2470万ドル(約25.7億円)で初登場首位となった。

総製作費4500万ドルをかけ、英女優エミリー・ブラントが主演の同作品は、米南東部がハリケーンの影響で被害を受ける中でも堅調な興行収入を稼いだ。

前週末首位だったティム・バートン監督の最新作「Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children(原題)」は約50%減の1500万ドルで、2位に後退した。

マーク・ウォールバーグ主演作「Deep Water Horizon(原題)」は1150万ドルで3位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below