Reuters logo
北米映画興行収入=S・キングの「IT」初登場首位、1億ドル超え
2017年9月11日 / 03:44 / 2ヶ月後

北米映画興行収入=S・キングの「IT」初登場首位、1億ドル超え

[ロサンゼルス 10日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、人気ホラー作家スティーブン・キングの「IT」を映画化した「IT イット 『それ』が見えたら、終わり。」(日本公開11月3日)が初登場首位となり、推計1億1720万ドル(127億円)と、数々の記録を更新する興行収入を稼いだ。

 9月10日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは「IT イット 『それ』が見えたら、終わり。」が初登場首位となり、推計1億1720万ドル(127億円)と、数々の記録を更新する興行収入を稼いだ。ロサンゼルスで5日撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

公開後初の週末の興行収入としては、今年3番目の金額となった。「美女と野獣」、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に続く成績で、「スパイダーマン:ホームカミング」に並んだ。

9月公開作品としては2015年の「モンスター・ホテル2」の記録を更新、また、ホラー映画としては2011年の「パラノーマル・アクティビティ3」の記録を上回った。

週末にハリケーン「イルマ」がフロリダ州とジョージア州に接近し、観客数に最大5%の影響を及ぼしたとみられている。

同作品はアンディ・ムスキエティ監督がメガホンをとり、スウェーデン出身の俳優ビル・スカルスガルドがペニーワイズ役で出演する。

2位はリース・ウィザースプーン主演のロマンチック・コメディ「Home Again(原題)」。初登場作品で推計900万ドルを稼いだ。

3位はライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソン共演のアクションコメディ映画「ヒットマンズ・ボディガード」。3週続いた首位から後退した。興行収入は推計490万ドル。

4位はホラー作品「アナベル 死霊人形の誕生」(日本公開10月13日)。推計400万ドルを稼いだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below