Reuters logo
北米映画興行収入=「猿の惑星」最新作が初登場1位
2014年7月14日 / 03:53 / 3年後

北米映画興行収入=「猿の惑星」最新作が初登場1位

[ロサンゼルス/ニューヨーク 13日 ロイター] - 映画各社や調査会社レントラックの推計に基づく7月11─13日の北米映画興行収入ランキングは、人気シリーズ最新作「猿の惑星 新世紀」(日本公開9月19日)が予想を上回る7300万ドル(約74億円)で初登場首位を飾った。

同作品は2011年公開の「猿の惑星:創世記」から10年後が舞台となっている。公開週末の興収予想は6300万─7000万ドルだった。

2週連続で首位だった人気SFアクションシリーズ最新作「トランスフォーマー/ロストエイジ」(日本公開8月8日)は1650万ドルで2位に後退。

3位はメリッサ・マッカーシー主演のコメディー「Tammy(原題)」(1290万ドル)で前週2位からランクダウン。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below