November 26, 2019 / 1:49 AM / 17 days ago

MSCI、約2800社のESG格付け公表 環境対応やガバナンス評価

[ロンドン 25日 ロイター] - 世界的な指数算出会社であるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は25日、MSCIオールカントリー・ワールド指数(ACWI)に採用されている2800以上の企業について、環境・社会・企業統治(ESG)の観点から行った格付けの結果を公表した。年金などの運用者に投資判断のための情報として提供されることになる。

MSCIは、ガバナンスや二酸化炭素の排出量など37の項目に分けて企業を評価し、どの程度積極的にESGに取り組んでいるかをトリプルAからトリプルCまで格付けしている。

今回ESG格付けが公表された企業では、米フェイスブックや中国の電子商取引大手アリババが「BBB」、アルファベット傘下のグーグルが「AA」。資源大手グレンコアは「BB」、競合のベダンタは「CCC」となっている。

今後も企業のESG格付けを公表し、最終的には7500社のデータを公表する計画という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below